美容整形で二重にして二重まぶたへのあこがれを叶える

整形美人

違い

biyougeka

整形手術には、美容整形とプチ整形との二種類がある。
この両者においては、メスを使用するかどうかというところにその違いがある。

美容整形が目的の場所にメスをいれるのに対して、プチ整形はメスを使用することはない。
メスを使うこと無く、特定の部分に手を加えることで気になる部分の修正変更を行うのである。

この両者の違いとして、料金の違いが挙げられる。
大掛かりなメスをいれるような手術を行うわけではない方法であれば、低額で施術してもらえる傾向にある。
よって、身体的にも金銭的にも負担が小さい方法であるといえる。
ただし、一回のコストや負担が小さい分、定期的なメンテナンスが必要となる事が多いことに留意したい。
ヒアルロン酸注射は人気のある施術法であるが、注射されたヒアルロン酸は恒久的な効果を持つわけではない。
個人差はあるが、おおよそ半年から1年間程度の持続期間であるといわれているため、手入れが必要なのである。

メス

気になるポイントを修正するにあたって、美容整形を行えば大半の問題は解決することが可能である。
施術することの出来る部位は、顔や胸はもちろんのこと、下半身や全身のケアにも関与してくる。
さらに、それぞれの部位を細かく見たとしても顔だけで顔全体や目元、鼻、顎、輪郭、肌など多数のポイントがある。
これは、現代の美容技術は全身に手を加えられるところまで発展したということの現れであるといえる。

顔の手術を行うのであれば、代表的な部位としては目や鼻、そして輪郭などが挙げられる。
その一例としては、一重まぶた二重まぶたにする手術であったり、鼻筋をくっきりさせる手術などがある。
そういった目的で行う手段にも、鼻先の軟骨を調整したり、小鼻の付け根を少し切除したりと様々な方法がある。

自分の理想にたどり着くために、医師のカウンセリングを受けて様々な手法からベストな選択をすることが可能なのである。

非切開

hutae

メスを使うこと無く行うプチ整形には、様々な方法がある。
二重まぶたを作るにあたっても切開しない方法があるため、それを利用することで悩みを解決できる。
また、ヒアルロン酸やコラーゲン、ボトックスなどの成分を気になる部位に注射することで綺麗になる方法もある。
ヒアルロン酸やコラーゲンは人体に存在する成分であり、ボトックスは医療用の成分として利用されてきている。
よって、美容手術として人体に注入しても問題のない成分のため安心して利用できる。

こういったメスを利用しない手術は、アメリカで特に人気がある手法である。
その理由には、切らないことによって痛みが殆ど無いことや、同時に費用やリスクが軽減される点にある。
手術すること自体のハードルが下がっているため、より信頼して施術してもらうことの出来る医師を見つける事が重要である。
そして、信頼できる医師の話をよく聞くこともまた非常に重要である。
医師の話を聞いた上で、これから行おうとしている手術のリスクをよく理解することが必要だということである。
また、手術の結果が期待以下の結果になる可能性も存在するということにも目を向けて検討することも重要だといえる。

注射

切開を伴わない美容手術を行うにあたって、確実に利用することになる可能性があるのが注射である。
この時に利用することになるのが、ヒアルロン酸やコラーゲン、そしてボトックスを挙げることができる。

人間にもともと存在している成分なのが、ヒアルロン酸とコラーゲンである。
ヒアルロン酸は、アミノ酸を含むムコ多糖と呼ばれる物の一種となる。
ムコ多糖はもともと髪や肌、筋肉など全身に存在している成分で、保水性が高いのが特徴である。
人間がムコ多糖を生成する能力は、20代以降どんどん低下する傾向にある。
よって、細胞の保水力も低下し、老化現象に繋がるといえる。
その現象を食い止めてアンチエイジングを行う目的などで、ヒアルロン酸注射を行うことが可能である。

同様に人体に存在しているコラーゲンも、アンチエイジングに効果があるとされている。
ボトックスも、筋肉の動きを抑制する働きが表情シワなどの存在を目立たなくさせる効果があるといわれている。